電動歯ブラシはいいのか?手磨きの違いや人気おすすめランキングも

電動歯ブラシはいいのか?効果は? 趣味・生活用品

電動歯ブラシは歯にいいのか?手磨きとの違いは?

電動歯ブラシは歯にいいのか?気になる効果は?

電動歯ブラシは「使いにくそう」「歯茎にダメージを与えないか心配」などの声を耳にしますが、優しく磨けるモデルもあり、さらに手磨きよりも快適な仕上がりを得ることができます。

しかし、

  • 従来の歯ブラシより高額
  • しっかり磨けば手磨きでも充分!
  • 電動歯ブラシを使いこなせる自信がない

といった印象から、いま一歩踏み出せない方も少なくありません。

今回はそんなモヤモヤを解消すべく、従来の手磨きとの比較を始め、気になる電動歯ブラシのメリット・デメリットを紹介しましょう。

電動歯ブラシの選び方

まずは、電動歯ブラシの「選び方」について紹介します。ポイントは「自身のタイプに合わせて選ぶこと」です。

早速チェックしてみましょう!

①効果・魅力をチェック

効果・魅力をチェック

電動歯ブラシの魅力を紹介しましょう。

【利便性】

  1. ブラシの毛先に細かな振動を与えるため、手磨きよりも短時間で磨き終わる
  2. ゆっくり横にスライドさせるだけでOKなので、手が疲れにくく、楽に歯磨きを済ませることができる(※超音波歯ブラシを除く)
  3. 手磨きでは体験できないツルツルとした仕上がりを得ることができる

【衛生面】

  1. 細かな毛先の動きによって、手磨きでは落としにくい場所や奥歯の歯垢まで落とすことが可能
  2. 超音波の電動歯ブラシは、毎秒2万回を超える音波を発生させ、歯周病の元となる細菌を除去
  3. 骨や歯肉の細胞を活性化させ、歯周病などの治療を促進する効果が期待できる(口臭の予防効果も)

以上、大きく分けると6つの効果・魅力を挙げることができます。では、ここからは電動歯ブラシのデメリットも一緒に確認しましょう。

②駆動方式の違いをチェック

電動歯ブラシは、駆動方式によって求めている磨き具合を選ぶことができます。

振動式:やさしく磨きたい方におすすめ

やさしく磨ける振動式

従来の手磨き用歯ブラシの形状に似た「細長ブラシ」が高速で振動する「振動式」は、振動式・音波式・超音波式の3つに分かれています。

【振動式】

歯ブラシのヘッドの単純振動によって歯垢を落とすタイプです。おまけや景品・ノベルティなどに多く、一番安価で販売されていますが、歯や歯茎に与えるダメージなどを配慮して作られていないこともあるため注意しましょう。

【音波式】

振動式よりも振動数が多く、水流を使うことによってさらに歯垢を取り除きやすくなったタイプです。より細かな振動によって、歯や歯茎に与えるダメージを抑えてやさしく磨くことができます。

【超音波式】

虫歯が好む「バイオフィルム」と取り除く振動を発生させるため、虫歯対策に有効的なタイプです。しかし、振動が細かすぎるため歯垢を取るには向いておらず、取り扱うメーカーも限られています。

回転式:しっかり磨きたい方におすすめ

しっかり磨ける回転式

回転式は、丸型のブラシが左右に回転して歯垢をかき落とすタイプです。

回転式は歯垢を落とす力が強いことからよりツルツルとした仕上がりとなる反面、振動式と比べて歯肉へのダメージが強めであるため、自身の口内環境に合わせて選びましょう。

③ブラシ・本体の大きさや重さをチェック

ブラシ・本体の大きさや重さをチェック

電動歯ブラシは、メーカーごとにブラシの大きさ・本体の重さに違いがあります。ブラシ部分の大きさは、お口の大きさに合わせて選ぶことがおすすめです。

大きめのブラシはより広い面積を磨くことができますが、奥歯に届きにくいことも。あごが小さい方は、ブラシも小さめのものを選ぶと安心です。

また、子供や女性は軽量モデルを選ぶことで、持ちやすく、手も疲れにくくなるためおすすめです。

毎日使うからこそ、ぜひサイズや重量にもこだわってみましょう。

④付属のブラシは多い方がいいの?

付属のブラシは多い方が良い?

電動歯ブラシは、人気の上位モデルになると「歯垢除去用・ステイン(着色汚れ)除去用・歯周ポケット用・歯茎ケア用」など、さまざまな付属ブラシが増えていきます。

あらゆるケアができることは一見便利なように感じますが、これらを使いこなすのは時間や手間がかかるもの事実。

初めて電動歯ブラシの購入を検討される方は、まずは付属のブラシが1~2本程度のタイプを選ぶことをおすすめします。その後、必要に応じて別売りのブラシを買い足した方が無難です。

⑤電源方式で選ぶ

電源方式で選ぶ

電動歯ブラシの電源方式は「充電式・電池式」の2つのタイプに分かれます。充電式は電池交換などが無く、家の中など常に充電できる環境にある場合は最適です。

しかし、意外にもほとんどのモデルは充電時間が長く、1日中充電しても使用時間は1時間程度であるため、携帯用としてはおすすめできません。

一方、電池式の電動歯ブラシは電池を入れるだけですぐに使うことができるため、外出先や職場などで使用したい方は「電池式」モデルがおすすめです。

さらに電池を交換するだけで故障するまで使えることから、充電式よりも長く愛用できる可能性が高いところも人気の秘訣です。

⑥歯磨き粉は必要?

歯磨き粉は必要?

電動歯ブラシを購入する際に「歯磨き粉が必要かどうか?」といった疑問が多く挙げられます。パナソニックやブラウンなど、メーカーによって答えはさまざまですが、基本的に歯磨き粉を使用しなくても汚れが落とせる商品が多いです。

しかし、歯磨き粉を使わないことに抵抗がある方は研磨剤が含まれていない歯磨き粉をほんの少しだけ(メーカーによっては米粒程度の使用を推薦しています)、または電動歯ブラシ専用の歯磨き粉を少量だけ使用してOKなモデルもあります。

購入前に各メーカーの説明をよくチェックし、正しい使い方で効率よく「口内環境の改善」に役立てましょう。

電動歯ブラシの人気おすすめランキング10選

第10位 ブラウン オーラルB すみずみクリーン やわらか

参考価格:amazon(1,791円)

重量115g の回転式+充電式の電動歯ブラシです。歯の1本1本を包み込み、歯垢をしっかり落とします。

歯肉へのダメージが強くなりがちな回転式ですが、こちらの電動歯ブラシなら「やわらか極細毛ブラシ (EB60) 」を採用しているため、口内を優しくケアすることができます。

第9位 パナソニック ポケットドルツ + 極細毛ブラシセット

参考価格:amazon(2,822円)

重量約30g(電池含まず)の音波式+電池式の電動歯ブラシです。歯と歯茎のダメージを抑えつつ、先端約0.02mmの極細毛によって、歯周ポケットや歯間の汚れをキレイに除去することができます。

軽量モデルなので手が疲れにくく、携帯にも便利です。

第8位 オムロン 音波式電動歯ブラシ

参考価格:amazon(2,818円)

重量286gの音波式+充電式の電動歯ブラシです。オムロン独自の振動によって、手磨きでは落としにくい部分の歯垢までしっかりと除去することができます。

電源を入れてから30秒ごとに短い振動で一時停止し、歯みがき時間の経過をお知らせしてくれる便利な機能付き。

第7位 フィリップス ソニッケアー プロテクトクリーン

参考価格:amazon(8,080円)

重量133gの音波式+充電式の電動歯ブラシです。こちらは「加圧センサー」が搭載されており、ブラッシング圧が強すぎる場合にハンドルの振動音が変化して知らせてくれます。

電動歯ブラシを初めて購入する方や、力加減が分からず、心配な方にも安心してお使いいただけます。

第6位 【Amazon限定】フィリップス ソニッケアー プロテクトクリーン ホワイトライトブルー

参考価格:amazon(7,570円)

重量132gの音波式+充電式の電動歯ブラシです。 手磨きと比較すると約7倍の歯垢除去力を持っているうえに、「加圧センサー」が搭載されているため、力を入れすぎることなく安心して歯を磨くことができます。

さらに、ブラシの先端が丸みを帯びているため、初めての方にも安心してお使いいただけます。

第5位 ブラウン オーラルB すみずみクリーンEX&ホワイト 1モードタイプ

参考価格:amazon(5,800円)

重量115gの回転式+充電式の電動歯ブラシです。実はほとんどの歯科医院で使用しているクリーニング器具は「丸型」で、歯と歯茎のすき間にピッタリと合うため効率的に歯垢を落とすのに最適です。

手磨きでは体験できない「ツルツルとした仕上がり」がおすすめポイントです。

第4位 ブラウン オーラルB 子供用 すみずみクリーンキッズ レッド ポケモン

参考価格:amazon(1,927円)

重量115gの回転式+充電式の電動歯ブラシです。歯ブラシに興味を持たせやすい、人気のポケモンモデルは3歳から使えるように特別に設計されているため、初めての電動歯ブラシとしてもチャレンジしやすいのがポイントです。

気になる歯や歯茎へのダメージについては「やわらか極細毛」ブラシを採用しているため、安心してお使いいただけます。

第3位 ブラウン オーラルB PRO2000 ブラック

参考価格:amazon(7,365円)

重量136gの回転式+充電式の電動歯ブラシです。 ブラシ圧が強いと光ってお知らせする「押し付け防止センサー」や、付属の「やわらか極細毛ブラシ」を採用しているため、歯と歯茎へ与えるダメージが気になる方にもおすすめです。

さらに「3D丸型回転テクノロジー」を搭載しているため、歯に付いた歯垢を高速上下運動で叩いて浮かし、左右反転運動によってすばやくかき出す圧倒的な歯垢除去力をもった人気モデルです。

第2位 フィリップス ソニッケアー イージークリーン ホワイト

参考価格:amazon(3,515円)

音波式+充電式の電動歯ブラシです。歯のステイン(着色汚れ)を除去し、自然な白さに近づけます。手磨きでは体験することのできないツルツルとした仕上がりと、手磨きと比較しても約7倍の歯垢除去力をもつ人気商品です。

ブラシ先が丸いため、優しく、且つしっかりと洗い上げることができます。

第1位 Fairywill 替えブラシ3本 すきま磨きブラシ付き

参考価格:amazon(3,598円)

重量80gの音波式+充電式の電動歯ブラシです。こちらはなんとわずか4時間の充電で約30日間も使用が可能な人気モデルです。USBケーブルによる充電に対応しているため、比較的どこでも充電をすることができます。

さらに30秒経過ごとに振動の変化でお知らせしてくれるため、歯科医のデータに基づいた「2分間」(電動歯ブラシにちょうど良いとされる時間)を把握しやすい点もおすすめです。

その他、歯のすみずみまで磨きやすいブラシの形状や、防水規格は生活防水として最高レベルのIPX7を搭載しているため、入浴中に歯ブラシをされる方など一時的な水没にも安心です。

まとめ:手磨きよりも効率的に歯垢除去できる

電動歯ブラシを選ぶ際は

  1. 「駆動方式」を決めて
  2. 「大きさ(重さ)」をチェック
  3. 生活に合った「電源方式」を選ぶ

以上のポイント抑えて選びましょう。

手磨きでは体験できないツルツルとした仕上がりは、電動歯ブラシならではの魅力といえます。

あなたもこれを機に、短時間で効率よく歯垢を除去することができる「電動歯ブラシ生活」を始めてみませんか。

ウォーターサーバーは本当に便利?

ウォーターサーバーは贅沢?【本当に便利?どこがおすすめ?】

口臭チェッカー人気おすすめランキング上位3選【売れ筋はタニタ】

電気シェーバーおすすめランキング【選び方・カミソリに近い切れ味】

優秀なプチプラ化粧水を使った美女

優秀プチプラ化粧水おすすめランキング【完全保存版】高保湿・ニキビ

小型冷凍庫おすすめランキング

小型冷凍庫おすすめランキング6選【人気の直冷式・省エネモデルも】

愛車に車用掃除機を

車用掃除機のおすすめ人気ランキング【小型でも吸引力は抜群!】

おすすめの地球儀

地球儀おすすめ人気ランキング6選【学習用からインテリア用まで】