家事が嫌いでもスムーズに生活する方法【心理・原因・克服方法】

家事が嫌いな人でもスムーズに生活できる方法は?【心理・原因など】 サービス

「家事が嫌い」には理由がある?克服する方法は?

「家事が嫌い」には理由がある?克服する方法は?

掃除しなきゃ、買いものにも行かないと…。やるべき家事が多すぎて、ストレスを感じている方は決して少なくありません。

家事は「やらなければいけない」と思えば思うほど嫌いになってしまうものです。

「どうして私は、こんなに家事が嫌いなんだろう?」「ストレスなく、家事をこなしたい!」という方に向けて

  • 家事が嫌いな人の「心理」
  • 家事が嫌いになった「原因」
  • 家事嫌いを克服する「方法」

を紹介しましょう。

家事が嫌いな人の「心理」とは?

家事が嫌いな人の「心理」とは?

あまり口に出さない・耳に入らないだけで、

  • 「どうしても家事が好きなれない」
  • 「家事なんてやりたくない!」

と思っている方は多いものです。

まずは家事が嫌いな人の「心理」に触れてみましょう。

1.家事よりも仕事がしたい

家事そのものが嫌いというより「仕事の方が楽しい」と感じることから、家事が面倒に感じる方もいます。

人には向き・不向きがあるため、家事より仕事の方が効率的にこなせる方も。

「もっと仕事がしたい」「結婚前はバリバリ仕事をしていた」など、家事にかける時間に対してストレスを感じることも少なくありません。

2.家事は「キリがない」と感じる

家事は、

  • 窓拭き
  • 換気扇の掃除
  • 料理の品数を増やす

など、やろうと思えばどこまでも手を加えることができるため、終わりがないものです。

一方、仕事は“3件の営業をこなす” “15時までに書類を完成させる”などの「目的」があり、ゴールが明確なことが多いです。

そのため、終わりがなく見返りもない家事に対して「やりがい」を見出すことはむずかしくなります。

3.頑張っても気づいてもらえない

子育ての合間に、掃除・洗濯・夕飯作りと、猫の手も借りたいほど忙しい毎日。一生懸命がんばっていても、パートナーに「何をこなしたか」気がついてもらえないと悲しくなりますね。

むしろ「やっていない家事」を指摘されることもあり、誰にも評価されず、モチベーションを保つことがむずかしくなってしまいます。

4.家族が不機嫌そうに家事をしていた

理由はわからないけど「なんとなく家事が嫌い」という人は、幼いころの記憶が関係している場合があります。

過去に、家族(両親・祖父母など)が不機嫌そうに家事をしていた姿を見ていると、無意識のうちに「家事は嫌なもの」というイメージができてしまいます。

「誰かのために、自分を犠牲にして家事をしなければならない」という意識ができるのも、要因の一つです。

5.家事を「価値がない仕事」と思っている

毎日、家族(両親・祖父母など)がおいしい食事を用意して、洗濯をして畳んでくれる環境で育つことで、家族が家事をしてくれることが「当然」だと思っていた方も多いでしょう。

この気持ちから家事は「価値がない仕事」だと感じる方も多く、それを「やらなければならない」と思うことで「家事は嫌い」といったイメージを持つようになります。

家事嫌いになる原因

家事嫌いになる原因

やりがいを感じにくく、なんとなく嫌いなイメージを持っている方も多いでしょう。

しかし、家事をイヤイヤやらなければいけないのはツライものです。

なぜ家事を嫌いになったかについて触れてみましょう。

1.イヤイヤ家事をさせられていた

家事を始めるとイライラしてしまう方は「子供ころにイヤイヤ家事をさせられた」という記憶が原因になっている場合があります。

「手伝いなさい!」と怒られて喧嘩になってしまったことから「家事をしないと怒られる・嫌な思いをする」という印象を持ち、家事自体に嫌なイメージがついてしまいます。

2.「家事は女の仕事」と言われる

「男が外で働き、女が家を守る」という意識がまだまだ残っており、「家事はすべて女がするべきだ!」と自分だけ家事をしないパートナーも少なくありません。

家事の負担があなただけに偏ってしまうと、家事自体が嫌いになってしまうのは当然の心理です。

3.洗剤・掃除道具を増やしてしまう

家事を少しでも楽にしようと、便利そうな掃除グッズを買い揃えてしまう方もいます。

買ったばかりのグッズは、一見やる気を起こす「きっかけ」にもなりそうですが、実は「買うだけで満足してしまう」場合も多いものです。

掃除道具はたくさん用意しないほうがサッと掃除を始めやすく、且つシンプルなものがおすすめです。

家事嫌いを克服する方法

家事嫌いを克服する方法

いくら家事が嫌いだとはいえ、何も行動しなければ生活に困ってしまいますね。

「家事が大好き!」とまで言えなくても、家事に対するストレスを軽減させる方法を紹介しましょう。

1.嫌いな家事をやめてみる

思い切って嫌いな家事をやめてみましょう!掃除が嫌いなら便利な家電を導入したり、料理が嫌いなら外食やテイクアウトにしてみましょう。

洗いものは食洗機に、洗濯物は乾燥まで済ませたりクリーニングに出すことで、今まで家事に当てていた時間を大幅に短縮することができます。

空いた時間は自分の趣味に当てたり、気分転換する時間に使ってみましょう!

2.週末にまとめて家事をするのをやめる

仕事や育児に追われる毎日から、週末にまとめて家事をする方も多いですが、実はあまりおすすめできません。

週末、時間のあるときに家事を始めてしまうと、時間があるからこそダラダラしがちになり、掃除だけで休日が終わってしまう…なんてことも。

まとめて掃除するよりも、毎日少しだけ家事をする方が効率的です。風呂上がりにそのまま掃除を、トイレをしたらサッと拭くことで汚れが溜まりにくくなり、家事の負担が少なくなります。

3.生協・ネットスーパー・ウォーターサーバーを活用する

掃除や洗濯は簡素化できても「買いもの」は、そうはいきません。水や米、こどものオムツなど重たいものや大きいものは持ち帰るのも一苦労です。

また、子供を連れてスーパーに行くと「あれ買って!」とおねだりされることも。予定外の買いものが増えてしまうことも少なくないため、生協やネットスーパー、ウォーターサーバーを活用すると便利です。

ネットスーパーなら必要なものを必要な分だけ買い、混んでいるレジに並ぶ必要もなく、自宅まで届けてくれます。

重たい水をいつでもおいしく飲むことができるウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルクにも使える安心のサーバーもあるため要チェックです。

【よく読まれています!】⇒「ウォーターサーバーは贅沢?本当に便利?どこがおすすめ?」

家事をプロにお願いしてみる

家事をプロにお願いしてみる

近年、思い切って家事をプロにまかせてみる人が増えています。家事代行サービスを利用することで、どれほどのメリットが生まれるかを見てみましょう。

1.自由な時間が増える

家事が嫌いなら、無理に自分たちで済ませる必要はありません。そもそも、家事は「終わりがない仕事」なのですべてをやろうとすると、途方もない時間を使ってしまうことになります。

「もう、家事なんて嫌!」と思ったときは、家事代行サービスを活用してみましょう。苦手な水まわりの掃除や洗濯、料理の作り置きなど「必要な家事を必要なだけ」依頼できるため、たまには家事から解放されることもおすすめです。

空いた時間は、ゆったりくつろいだりネイルケアをしてみたり、資格習得に向けて勉強するなど、週に一度・月に一回など自分にご褒美してみましょう。

2.家事のストレスから解放される

毎日忙しく掃除ができずにいると、家の汚れはどんどん溜まっていきます。そのうちに掃除をすることがどんどん面倒になってしまうことがありますね。

家事代行に掃除をしてもらうことで根本からキレイにしてもらえるため、その後は自分でも掃除がしやすくなります。

「すべての家事をしなきゃいけない」というストレスからも解放されることはもちろん、プロに掃除のコツや片付けの方法を教えてもらってもいいですね。

まとめ

「家事」とは一生付き合っていくものなので、ストレスを抱えたままにせず、家事に振り回されない工夫が大切です。

嫌いな家事はやめてみる、便利な家電を導入したり家事代行サービスにお願いしてみるなど、新たな方法を取り入れてもっと家事への気持ちを楽にしてみましょう!

\たくさんの食材が自宅に届く♪こんなに便利なんて!/