ゲーム用ヘッドホン(ゲーミングセット)人気おすすめランキング10選

ゲーム用ヘッドホン(ゲーミングセット)人気おすすめランキング10選 趣味・生活用品

ゲーム用としてカスタマイズされたヘッドホンを「ゲーミングヘッドセット」といいます。

ゲームの音をより聴き取りやすく大迫力に、ゲームの世界をもっと身近に感じたい方におすすめのゲーム用ヘッドホンをランキング形式で紹介します。

どのようにして選ぶといいのか、失敗しにくい「選び方」も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ゲーム用ヘッドホン(ゲーミングヘッドセット)の特徴

ゲーム用ヘッドホン(ゲーミングヘッドセット)の特徴

「ヘッドセット」とは、マイクとヘッドホンが一体化したもので、なかでもゲーム用として最適化されたヘッドホンを「ゲーミングヘッドセット」といいます。

マイクがついているため、作業やゲームをしながらハンズフリーでボイスチャット(通話・会話)ができ、イヤホンタイプよりも音圧に優れていることが特徴です。

また、音楽用のヘッドホンは低音や高音が強調されているものが多いのに対し、ゲーム用のヘッドホンはゲーム内の音を正確に聞き取れるように調節されていて、音の発生源を聞き取りやすいようにチューニングされています。

特にシューティングゲームなどは音の方向を知ることが重要なため、ゲーム用ヘッドホンを装着することで上下左右のわずかな敵の足音や位置を正確に把握し、優位に立ち回ることができるようになります。

ゲーム用ヘッドホンの選び方

ゲーム用ヘッドホンの選び方

市場では似たようなゲーム用ヘッドホンがあふれているため、何を基準にして選ぶと良いか迷いがちです。

ここからは、ゲーム用ヘッドホンを選ぶ際に事前にチェックしておくと良いポイントを紹介します。

選び方に迷う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①接続方法で選ぶ

ゲーム用ヘッドホンの接続方法は、有線とワイヤレスの2種類です。それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

有線タイプ:遅延がなく音質に優れている


出典:Amazon

有線タイプのゲーム用ヘッドホンは、ワイヤレスタイプによくある電波干渉を受けることがないため、ゲームの途中で接続が切れる心配がありません。

また、遅延がなく、音質に優れており、ワイヤレスタイプとは違って充電の残量を気にせずに使えることも魅力の一つです。

デメリットとしては、コードによって可動範囲が制限されるということ。コードが短いとプレイに支障をきたすため、選ぶなら少し長めのモデルがおすすめです。

なお、コントローラー自体にオーディオの端子が搭載されているもの(PS4の純正コントローラーなど)であれば、有線でも快適にプレイできます。

ワイヤレスタイプ:コードを気にせず自由に動ける


出典:Amazon

ワイヤレスタイプのゲーム用ヘッドホンは、レシーバーを介した2.4GHz無線接続またはBluetooth接続が主流で、コードのわずらわしさがなく快適にプレイできることが特徴です。

デメリットとしては、遅延(ゲームの映像と音にズレが生じること)が発生する恐れがあるため、1秒以下の世界で攻防を繰り広げる本格派のゲーマーは注意が必要です。

なお、遅延が起きにくい「デジタル伝送方式」を採用しているワイヤレスゲーミングヘッドセットもありますが、ラインナップも限られており、高価なモデルが多いです。

そのため、ノベルゲームやパズルゲームなど音声が遅延しても支障のないゲームの使用におすすめします。

ワイヤレスタイプを購入する場合は、事前に接続するゲーム機がBluetoothやデジタル伝送方式に対応しているかを確認しておきましょう。

②接続端子で選ぶ

有線タイプのゲーム用ヘッドホンの接続端子は、USBとミニプラグの2種類があります。

USB接続:ヘッドホンデビューにおすすめ

USB接続のモデルはバーチャルサラウンド機能に対応したものが多く、別途サウンドカード(PCに取り付けることで、音を向上できる増設パーツ)やDAC(音声ファイルを高音質で再生できる機器)を購入する必要がないため、初めてゲーミングヘッドセットを購入する方におすすめです。

なお、任天堂Switchで遊ぶ場合は、USBに対応しておらず、ミニプラグしか使えないため注意しましょう。

ミニプラグ:安価なモデルを探す人におすすめ

ミニプラグ接続のモデルは、モバイル端末から家庭用ゲーム機までさまざまな製品に使える「汎用性の高さ」が魅力です。

また、リーズナブルなモデルが多いため、手頃な価格で購入したい方におすすめです。

③つけ心地で選ぶ


出典:Amazon

長時間ゲームをプレイしていると、ヘッドホン装着による「疲れ」を感じることがあるため、長時間プレイすることが多い方は、頭部へのフィット感にこだわってみましょう。

快適にプレイするためには、

  • 軽量モデル
  • 柔らかく肌触りのよいイヤーパッドを採用したモデル
  • 夏場でも蒸れにくい、通気性の良いクッションを採用したモデル

などがおすすめです。

特に重量については、わずか50g、100gの差といえ快適さには大きな違いが出ることも。

また、メガネをかけてゲームをプレイする方は、商品レビュー内の「メガネをかけてプレイしましたが…」といったコメントを参考にするといいですよ。

頭のサイズに合わせてヘッドバンドが調節できるモデルであれば、より良いフィット感を得ることができます。

④マイクの性能で選ぶ

ゲーム実況をする方やボイスチャットをする方は、マイクの性能にもこだわりましょう。

ノイズキャンセリング機能付きモデルなら周囲の雑音や息の音などをカットしてくれるため、音声をよりクリアに伝えることができます。

また、集音部の位置を調節できる「ブームマイク(先端に音を録る竿のようなもの)」は音を的確に拾い、さらに90°以上の可動式であればマイクを使わないときに耳の横に収納できるため邪魔になりません。

マイクの「ミュート機能」がついているモデルは、席を外す際に便利ですよ。

⑤サラウンド機能で選ぶ


出典:Amazon

サラウンドは「5.1ch」や「7.1ch」、「9.1ch」など、さまざまなチャンネル数がありますが、基本的にチャンネル数が多いほどスピーカーが増えるため、迫力あるサウンドを楽しむことができます。

>>サラウンドがイメージしにくい方は「超初心者のための“サラウンドって何?”」を参考にしてみましょう。

ただし、ヘッドホンには左右1基ずつのスピーカーしか搭載されていないため、擬似的に立体感のあるサウンドを鳴らせる「バーチャルサラウンド」を取り入れています。

また、バーチャルサラウンド対応モデルの多くはPCでの使用を想定していることから、PS4やSwitchなどには非対応の場合もあります。

ゲーム用ヘッドホンのスペックはもちろん、対応ハードの表記を確認するか、サラウンド機能のオンオフを制御できるとより便利です。(サラウンド機能によって音の定位感が失われるケースもあるため)

チャンネル数の表記がないものは「ドライバー径」に注目!

商品詳細にチャンネル数の表記がないモデルは「ドライバー径」の大きをチェックしましょう。

基本的にはドライバー径が大きいものほど、迫力がある音を楽しめると考えてOKです。

⑥音質や音の解像度で選ぶ

シューティングゲームなど、敵の足音などを把握する必要があるゲームでは、音質や音の解像度に注目して選ぶのがおすすめです。

再生できる音の範囲は「再生周波数帯域」で表されており、より再生周波数帯域の広いゲーミングヘッドセットほど、より幅広い範囲の音を再生できます。

人間が聴き取れる音の範囲は「20Hz~20kHz」といわれているため、この数値を目安に選びましょう。

⑦対応しているデバイスで選ぶ

製品のパフォーマンスを最大限に発揮させるためには、ゲーム機やPCが搭載している機能に対応してしましょうチェックしましょう。

特にサラウンド機能やマイク接続に関しては、非対応のモデルもあるため注意が必要です。

なお、有線のゲーム用ヘッドホンのなかには、複数の入力端子に対応したケーブルが付属している製品もあるため、複数の機器を1つのヘッドセットで使い回したい方はチェックしてみてください。

【有線】ゲーム用ヘッドホン人気おすすめランキング5選

第5位 Beexcellent ゲーミングヘッドセット(有線)

軽量+つけ心地良し+3,000円以下で購入できるコスパ最強のゲーミングヘッドセット!

付属のUSB端子はヘッドホンを光らせるため(だけ)なので、ミニプラグに対応するデバイスで使用する必要があります。

メガネをかけて装着しても耳が痛くなりにくく、イヤークッションも柔らかいため長時間のプレイも快適!

全体的な評価はとても高いため、子ども用としてはもちろん、ゲーミングヘッドセットデビューにもピッタリなおすすめモデルです。

本体重量269g
接続端子ミニプラグ
ドライバーφ40mm
チャンネル数
再生周波数帯域15Hz~20kHz
ノイズキャンセリング

第4位 Logicool G ゲーミングヘッドセット(有線)

圧倒的な臨場感と定位感でゲーミングを楽しみたい方、長時間のプレイでも首や肩が疲れない快適なヘッドセットを求める方におすすめです。

音の方向がはっきりと分かるため、判断力が問われるシューティングゲームなどに最適。

USBとミニプラグのどちらにも対応しているため、ゲームのみならず、映画や音楽鑑賞なども大迫力で楽しむことができます。

本体重量259g
接続端子USB
ミニプラグ
(どちらも可)
ドライバーφ40mm
チャンネル数7.1ch
再生周波数帯域20Hz~20kHz
ノイズキャンセリング

第3位 audio-technica ゲーミングヘッドセット(有線)

ファイナルファンタジーXIV推奨モデルの人気のヘッドセット。取り外し可能なブームマイクによって、繊細でクリアなチャットやライブストリーミングを楽しむことができます。

通気性の良いヘッドパット、イヤーパッドを採用しているだけでなく、ランキング内において最軽量であることも魅力の一つです。

装着の負担を少しでも軽減させたい方、迫力のあるサウンドで長時間プレイを楽しみたい方におすすめです。

本体重量250g
接続端子ミニプラグ
ドライバーφ45mm
チャンネル数
再生周波数帯域5Hz~40kHz
ノイズキャンセリング

第2位 HyperX Cloud Orbit S ゲーミングヘッドセット(有線)

敵の位置を正確に把握し、足音や銃声だけでなく環境音やBGMも楽しむことができる、音質の素晴らしさはお墨付きのゲーミングヘッドセットです。

ただし、商品の構造上、マイクにごくわずかに「ブーン」というノイズが乗ってしまうため、配信に使いたい方にはおすすめできません。

最大の魅力は、頭の動きを追跡し、頭の向いている方向に合わせて音の定位を補正してくれる「ヘッドトラッキングテクノロジー」が搭載されていること。

右を向いても左を向いても現実世界同様の聴こえ方が楽しめるため、ゲームのみならず、映画鑑賞なども全力で楽しみたい方におすすめです。

本体重量368g
接続端子USB
ミニプラグ
(どちらも可)
ドライバーφ50mm
チャンネル数7.1ch
再生周波数帯域10Hz~50kHz
ノイズキャンセリング

第1位 Razer BlackShark V2 ゲーミングヘッドセット(有線)

遮音性、優れた音質、クリアなマイク音声など、ヘッドセットに求める要素をすべて備えた、eスポーツ向けのヘッドセットです。

軽量で、パッド部分がフカフカとした分厚いメッシュ素材になっているため、蒸れにくく、長時間のプレイも疲れを感じにくくなっています。

初めての方はもちろん、長期に渡って使いたい方、全体的にバランスの取れたヘッドセットを求める方にもおすすめです。

本体重量262g
接続端子USB
ミニプラグ
(どちらも可)
ドライバーφ50mm
チャンネル数7.1ch
再生周波数帯域12Hz~28KHz
ノイズキャンセリング

【ワイヤレス】ゲーム用ヘッドホン人気おすすめランキング5選

第5位 ASTRO ゲーミングヘッドセット(無線)

プロゲーマーとゲームデザイナーが共同開発して作ったモデルで、音飛び・音声遅延などなく、安定した接続と臨場感ある音質が楽しめることが特徴です。

つけ心地にも定評があるため、長時間プレイすることが多い方や、今回初めて購入する方にもおすすめです。

本体重量318g
ドライバーφ40mm
チャンネル数
再生周波数帯域20Hz~20kHz
連続使用可能時間15時間
(一度のフル充電で)
ノイズキャンセリング

第4位 HyperX Cloud Stinger Coreワイヤレスゲーミングヘッドセット(無線)

リーズナブル+軽量+耐久性に優れた当モデルは、耳にフィットしやすく、密閉性が高いため外部音に邪魔されたくない、ゲームに集中したい方におすすめです。

マイクのオン・オフ、音量調節などの操作もシンプルで簡単なため、大人のみならず子ども用としても、とても人気があります。

本体重量315g
ドライバーφ40mm
チャンネル数
再生周波数帯域20Hz~20kHz
連続使用可能時間17時間
(一度のフル充電で)
ノイズキャンセリング

第3位 Logicool G GPRO X ゲーミングヘッドセット(無線)

ランキング内最大級の50mmダイナミックドライバー+7.1チャネルを搭載し、プロレベルのサウンドを実現した「音質」にとことんこだわった人気モデルです。

重量が370gあるため「軽量モデル」とは言い難いものの、敵の足音や音の発生源をいち早く知ることができ、遅延・無線干渉を感じることなく超快適にプレイすることができます。

本体重量370g
ドライバーφ50mm
チャンネル数7.1ch
再生周波数帯域20Hz~20kHz
連続使用可能時間20時間
(一度のフル充電で)
ノイズキャンセリング

第2位 Razer ワイヤレス ゲーミングヘッドセット(無線)

長時間プレイの快適さ+大迫力+臨場感あふれる音を重視したい方は、ランキング内最大級の「50mmダイナミックドライバー」を搭載しているこちらのモデルに決まり!

ボイスチャットの音質・性能にも定評があるため、動画配信をする方にもおすすめです。

本体重量320g
ドライバーφ50mm
チャンネル数
再生周波数帯域12Hz~28kHz
連続使用可能時間24時間
(一度のフル充電で)
ノイズキャンセリング

第1位 Logicool G ゲーミングヘッドセット(無線)

40mmのPRO-Gドライバーを搭載しており、DTS Headphone:X 2.0サラウンドに対応しているため、ゲームへの圧倒的な没頭感を得ることができます。

ブラック・ホワイト・ライラック・ブルーの4色から選べるカラーバリエーションも特徴で、PCケースやキーボードとのカラーコラボレーションを楽しめます。

軽量モデルでありつつ、さらに重さを感じにくい設計になっているため、長時間ゲームをプレイする機会が多い方にもおすすめです。

本体重量278g
ドライバーφ40mm
チャンネル数7.1ch
再生周波数帯域20Hz~20kHz
連続使用可能時間29時間
(一度のフル充電で)
ノイズキャンセリング

まとめ

ゲーム用ヘッドホン(ゲーミングヘッドセット)の選び方は、以下の7つです。

  1. 接続方法で選ぶ
  2. 接続端子で選ぶ
  3. つけ心地で選ぶ
  4. マイクの性能で選ぶ
  5. サラウンド機能で選ぶ
  6. 音質や音の解像度で選ぶ
  7. 対応しているデバイスで選ぶ

価格のイメージとしては、

  • 子ども用やゲーミングヘッドセットデビューには、1万円以下のモデル
  • 全体的にバランスの取れたヘッドセットを求めるなら、2万円以下のモデル
  • 音質や使用感、配信用など、クオリティの高さを重視するなら、2万円以上のモデル

このような感じですね。

冒頭でも紹介したように、シューティングゲームなどは音の方向をいち早く知ることから勝敗が決まることもあるため、ヘッドホンにこだわる方は多いです。

(筆者はシューティングゲームを毎日4時間程度していますが、ゲーム用ヘッドホンの音の「リアルさ」に衝撃を受け、軽量で、敵の足音がよりリアルに再現されているヘッドセットを選びました。)

毎日どれくらいゲームをするか?ゲームの種類は何か?など、ニーズをはっきりさせて選ぶことで、あなたにピッタリなモデルが見つけやすくなりますよ。

フケを改善するおすすめシャンプー

髪の毛にフケが出る原因は?【正しい洗い方・おすすめシャンプー】

10年以上治らなかった「ニキビ」が減った【本当の話】

10年以上続いたニキビが白旗をあげた話|しつこい肌荒れに終止符を

同じところにニキビができる原因とは?

同じところにニキビができる原因は?しつこいニキビの対処法を伝授!

すっぴんでもクレンジングした方が良い理由

すっぴんでもクレンジングした方が良い?答えが「YES」な4つの理由

明るい女性

ストレスを発散する方法|簡単に試せるものから本格的なものまで

小型冷凍庫おすすめランキング

小型冷凍庫おすすめランキング6選【人気の直冷式・省エネモデルも】

電気シェーバーおすすめランキング【選び方・カミソリに近い切れ味】

【短髪に合う】メンズヘアワックスのおすすめ人気ランキング7選

雨の日の窓

雨の日の遊び方おすすめ30選【こどもの思い出に残る一日にしよう】

勉強をしているこども

子供の勉強嫌いを改善する方法【親がつかむべき意外なコツとは?】

ズボラ主婦のイメージ

ズボラ主婦「あるある」を解消!?おすすめの時短・便利グッズ21選

家事が「つらい」ときは頑張り過ぎないで!試してほしい4つの対処法

家事が「つらい」ときは頑張り過ぎないで!試してほしい4つの対処法

家事が嫌いな人でもスムーズに生活できる方法は?【心理・原因など】

家事が嫌いでもスムーズに生活する方法【心理・原因・克服方法】

水を飲むことで期待できる健康・美容効果【適量は何リットル?】

水を飲むことで期待できる健康・美容効果【適量は何リットル?】

ウォーターサーバーは本当に便利?

ウォーターサーバーは贅沢?【本当に便利?どこがおすすめ?】

人気沸騰中の「アマゾンプライム」は高い?お得になる人の条件とは?