焚き火台おすすめ人気ランキング【コンパクトなソロキャンプ向けも】

焚き火台おすすめランキング 趣味・生活用品

おすすめの焚き火台はどれ?何を基準にして選ぶべき?

おすすめの焚き火台はどれ

キャンプの醍醐味といっても過言ではない「焚き火」。あのユラユラと揺れる炎と、パチパチと鳴る薪の音・香りがなんともたまらない…!(あぁ…今すぐキャンプに行きたくなりますね。)

しかし、実際にはキャンプ場は直火禁止のところが多く、焚き火を楽しむためには「焚き火台」を用意する必要があります。

また、ひとえに焚き火台といっても、組み立て・片付けが楽なもの、燃え方にも違いがあるため、せっかくなら納得のできるモデルを選びたいもの。

そこで今回は、初心者にも分かりやすい焚き火台の選び方から、今注目を集めている人気のスノーピークやユニフレーム、DODなどの特徴についても紹介しましょう。

焚き火台の選び方

焚き火台の選び方は

  • モデル
  • 人数
  • 料理
  • 燃え方

以上の4つに分けることができます。

選び方①定番・新参モデルを知る

焚き火台の「定番・新参」モデルについてチェックしてみましょう。

双方のメリット・デメリットを知ることによって、どちらが用途に合っているかを決める目安になります。

定番:お手頃価格で料理がしやすい!オートキャンプ向き

お手頃価格で料理がしやすい!オートキャンプ向き

一般的に定番・名品と呼ばれている焚き火台は、焼網を使ったバーベキューはもちろん、
ダッチオーブン
を載せたり焼き芋などもできるため、料理面を重視したい方におすすめです。

また、重さは3Kgを超えるものが多く、持ち歩くことは難しいため「オートキャンプ(自動車で行く簡易宿泊施設)」向けといえます。

おすすめPoint!

  • リーズナブル
  • バーベキューと焚き火の両方に使える

新参:個性派揃いでかっこいい!コンパクト・軽量モデルが人気

個性派揃いでかっこいい!コンパクト・軽量モデルが人気

一方、新参派の焚き火台は個性豊かな革新的アイテムが多いことが特徴。重さわずか1Kg未満という小型モデルもあり、リュックなどに忍ばせることも可能です。

ソロキャンプや自転車・電車で行くキャンプでも焚き火を楽しむことができます。

おすすめPoint!

  • 最先端の燃焼技術を使用
  • 定番型にはない「オリジナリティ」が豊富

選び方②ソロキャンプか複数名か?

ソロキャンプか複数名か?

ソロキャンプに行く方は、コンパクトなサイズ感+軽量モデルの焚き火台がおすすめです。

反対に大人数で焚き火を楽しみたい方は、30cm以上もしくは大型の焚き火台を選ぶことで薪をたくさん入れることができ、火も大きくなり、大人数でも暖を取りやすくなります。

選び方③料理もするか?否か?

料理もするか?否か?

焚き火台を選ぶ際の重要なポイントの1つとして「焚き火台を使って料理をするか、否か?」という点が挙げられます。

もともと、焚き火台はBBQなどコンロの役割を果たせるものと、そうでないものの2種類あり、そうでないものでも工夫次第で料理をすることは可能ですが、できるものと比べると使いやすさに大きな差があります。

選び方④好みの「燃え方」で選ぶ

好みの「燃え方」で選ぶ

ひとえに「焚き火台」といっても、ゆっくり・じっくり燃焼するモデルから、少量の燃料でも簡単にゴーゴーと燃える構造になっているモデルまで「燃え方」に違いがあります。

この「燃え方」にこだわりたい方は、商品レビューに投稿されている(焚き火をしている)動画も確認しておくと、より理想に近いモデルを選ぶことができるでしょう。

焚き火台おすすめ人気ランキング7選

第7位 キャプテンスタッグ 焚火台 折りたたみ バッグ付(1~2名用)

参考価格:amazon(3,827円)

ソロキャンプ用としては多少重量があるものの、ステンレス素材で錆びにくく、用途に合わせて炭受けの高さを調節できる便利な焚き火台です。薪や炭を動かしやすく追加しやすいため、火加減の調節も◎。

ただし、燃焼効率でいえば★4つ。また経年劣化により多少変形することがありますが、ランキング内においてもお手頃価格のため、割り切ってハードに使いたい方にもおすすめです。

使用後はパーツを外して洗うことができるため、お手入れは簡単!長時間の使用は灰があふれるため、100円均一などのステンレスプレートを下に敷くことでよりスムーズに片付けることができます。

使用サイズ25.5×18×25.5cm
収納サイズ35×23×45cm
(バッグ収納時)
重量1.4kg
おすすめ人数1~2名
料理できるか

第6位 【5点セット】 キャンプストーブセット 収納パック付 Type-B(1~2名用)

参考価格:amazon( 2,298 円)

煙突に近い形状から、少ない燃料でもゴーゴーと燃える「燃焼効率の良さ」が魅力の焚き火台です。一度火がつけば、枯れ葉や小枝・松ぼっくりなどを使ってもどんどん燃焼してくれるため、簡単+長時間焚き火を楽しむことができます。

空気穴がふさがると火力が弱まるため、多少工夫が必要ですが(口コミを要確認)ランキング内でも最軽量+最安値+全体的な評価も良く根強い人気を誇る商品です。

見た目のオシャレさ・手軽さ・火力を求める方におすすめの一品です。

使用サイズ13×18.5cm
収納サイズ14×7cm
重量465g
おすすめ人数1~2名
料理できるか
(小型フライパンで調理
焼き鳥など)

第5位 DOD(ディーオーディー) めちゃもえファイヤー(1~2名用)

参考価格:amazon( 16,089 円)

「めちゃもえファイヤー」という名の通り、とてもよく燃える焚き火台です。通常の焚き火では見ることができない「二次燃焼( 一次燃焼では燃焼しきらなかったガスを再度燃やすこと)」による炎がきれいに見える、特殊構造モデルです。

重さはあるものの、40cmサイズの薪もスッポリ入る使いやすい大きさ+丈夫さ、燃焼効率の良さ、安定感のどれをとっても評価が良いため、長く使えるモデルをお探しの方におすすめです。

使用サイズ43×14×24cm
収納サイズ47×19×25cm
重量7.7Kg
おすすめ人数1~2名
料理できるか

第4位 UNIFLAME(ユニフレーム)ファイアグリル(3~4名用)

参考価格:amazon( 7,124円)

素材・使用感・全体的なバランスのどれをとっても評価の良い焚き火台です。シンプルで無駄のないデザインと、ダッチオーブンなども使える使い勝手の良さが人気の秘訣。

料理面を重視したい方、バーベキューから焚き火まで難なくこなしたい方にもおすすめです。※薄いステンレスを使用しているため、洗浄時は手を傷つけないようゴム手袋を着用することをおすすめします。

使用サイズ43×43×33cm
収納サイズ38×38×70cm
重量2.7Kg
おすすめ人数3~4名
料理できるか

第3位 snow peak(スノーピーク) 焚火台(1~2人用)

参考価格:amazon( 9,460 円)

どっしりと安定感のある大人気「スノーピーク」ソロキャンプ用の焚き火台です。大手メーカーから製造・販売されているだけあって、無駄のないデザイン性・丈夫さ・安定感はお墨付き。

購入者による評価はとても高いため、長期に渡って使えるモデルを探している方にもおすすめです。専用の網・プレート(※共に別売り)を使って料理する際も安定感があり、料理~焚き火まで難なく使いたい方にピッタリです。

使用サイズ28.5×28.5×20.5cm
収納サイズ35×41×2.5cm
重量1.8Kg
おすすめ人数1~2名
料理できるか
(※網は別売り)

第2位  CARBABY 焚き火台 BBQコンロ 折りたたみ(2~4名用)

参考価格:amazon( 3,160 円)

設置・収納が簡単、バーベキュー・湯沸かし・料理もできる、使い勝手の良い人気の焚き火台です。ステンレスなので錆びにくく、パーツを外して洗えるためお手入れも簡単。

ダッチオーブンなどを載せるには多少コツが必要ですが、リーズナブルでありながら火吹き棒も付属されており、購入者の満足度も高い人気商品です。

使用サイズ39×38.5×22cm
収納サイズ34×18cm
重量2Kg
おすすめ人数2~4名
料理できるか

第1位 ピコグリル 焚き火台(1~2名用)

参考価格:amazon( 14,000 円)

慣れてしまえば簡単に(所要時間:1分以内)組み立て・撤収が可能な人気の焚き火台です。収納後はA4サイズほどになるため軽量・コンパクトで、ソロキャンプにも最適です。

上部に鍋を設置できるため、湯沸かしや軽い料理も可能。超軽量、且つシンプルな見た目から「価格が高い」と感じることもありますが、使えば納得!大ファンになること間違いなしの一品です。

使用サイズ38.5×26×24.5cm
収納サイズ33.5×23.5×1cm
重量450g
おすすめ人数1~2名
料理できるか
(湯沸かし
軽い料理など)

まとめ

「焚き火台」は焚き火をする台として使われることから、安全性や火のつき方、育ち方を考慮して作られています。

さらに芝生などの自然を傷つけることなく焚き火ができることから、今ではキャンパーの間で必須アイテムともいわれる存在になりつつあります。

安全面には十分注意し、使用方法を守って、ゆらゆらと燃える焚き火と共に素敵なひと時を過ごしてくださいね。

寝袋おすすめ人気ランキング

寝袋おすすめ人気ランキング5選【完全保存版】暖かい秋・冬用

アウトドアワゴンおすすめランキング

アウトドアワゴン(キャリー)人気おすすめランキング【最新保存版】

ブレイブボード人気おすすめランキング

ブレイブボード人気おすすめランキング|リップスティックとの違いも

ドローン人気おすすめランキング

ドローンおすすめ人気ランキング【空撮初心者も楽しめるモデルも】

ハンディファンおすすめランキング

ハンディファンおすすめランキング10選|ベビーカーに付けたい方も

【短髪に合う】メンズヘアワックスのおすすめ人気ランキング7選

電動歯ブラシはいいのか?効果は?

電動歯ブラシはいいのか?手磨きの違いや人気おすすめランキングも

口臭チェッカー人気おすすめランキング上位3選【売れ筋はタニタ】

電気シェーバーおすすめランキング【選び方・カミソリに近い切れ味】

明るい女性

ストレスを発散する方法|簡単に試せるものから本格的なものまで

雨の日の窓

雨の日の遊び方おすすめ30選【こどもの思い出に残る一日にしよう】

勉強をしているこども

子供の勉強嫌いを改善する方法【親がつかむべき意外なコツとは?】

おしゃれなランドセル人気おすすめランキング

おしゃれなランドセル人気ランキング【2021年版】男の子・女の子

愛車に車用掃除機を

車用掃除機のおすすめ人気ランキング【小型でも吸引力は抜群!】

優秀なプチプラ化粧水を使った美女

優秀プチプラ化粧水おすすめランキング【完全保存版】高保湿・ニキビ

ズボラ主婦のイメージ

ズボラ主婦「あるある」を解消!?おすすめの時短・便利グッズ21選